不動産活用

不動産活用

不動産活用田舎での土地活用は、市場が活性化しておらず、どうしても制限されるのは否めません。
だからといって、せっかく手に入れた土地や建物を、ただ遊ばせておくのはもったいないですし、可能性まで否定してしまうのは、チャンスを逃してしまうことになります。
弊社では土地活用を不動産としての利用だけにとらわれず、売却での現金化や自己使用での活用まで視野に入れ、総合的に土地活用と運用を考え、提案していくことをコンセプトにしています。

不動産活用自然豊かな田舎だからこそ多い問題として、相続による山林の所有があります。
しかも、相続があって初めて親が山林を所有していたと知るパターンも多く、山林だけ相続放棄はできないことから、仕方なく相続するケースも多いようです。
親が山林を所有していた経緯は、先祖代々の土地、誰かに譲ってもらった、投資先としてなどの理由だとしても、現在の山林を取り巻く状況は決してよくありません。
立木は収入源であると同時に、山林活用の足かせにもなってしまうからです。
山林の活用を考えた場合、立木を資源とみるか、山林を自然として捉えるか、土地の活用を図るかによって、手法は異なってきます。

不動産活用土地活用の方法は多いので、誰もが最適な方法を求めて悩み、収益を上げたくてもリスクの大きさから決断できないのも無理はありません。
資産運用がリスクを伴うのは当然で、成功者はリスクと戦いながら収益を得ています。
最初から大きな利益を出すことを考えなければ、方法は少なくても何かあるはずです。
ただ、どんな方法で活用したとしても、必ず考えておかなくてならないのが、最終的に不動産をどうするのかという、いわゆる出口戦略です。
短期で利益は上げられないので、出口まで計画的に目標を達成することが大切です。
弊社ではあらゆる角度からその土地のニーズに合った活用方法を皆様と共に考え提案させて頂きます。

リゾート物件は日本リゾート開発にお任せください